輸送の安全に関する基本的な方針

当社は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、「安全の綱領」を定め、役員以下全社員がこの意識をもって、安全運転に努めています。

安全の綱領

  1. 安全は、輸送業務の最大の使命である。
  2. 安全の確保は、規定の遵守及び服務の厳正に始まり、たゆまぬ努力で築き上げられる。
  3. 確認の励行と連絡の徹底は、安全の確保に最も大切である。
  4. 安全の確保のためには、職責をこえて一致協力しなければならない。
  5. 疑わしいときは、最も安全と認められる方法を採らなければならない。

輸送の安全に関する目標

(平成29年度)

  • 重大な運転事故 0件
  • 上記以外の軽微な事故 0件
  • 車両故障 0件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

(平成20年4月運行開始以降)

  • 重大事故(自動車事故報告規則第2条第2項に該当するもの) 0件
  • 車内事故(自動車事故報告規則第2条第4項に該当するもの) 0件
  • 車両事故(自動車事故報告規則第2条第6項に該当するもの) 0件

目標達成のための計画

  1. 安全推進委員会(委員長=社長)を毎月定例開催
    ・安全対策、事故防止の基本方針の策定および事故事例研究による具体的対策の指示
  2. 春、夏、秋、年末年始の各交通安全運動期間中に、役員・社員による運転巡視
  3. 自損事故を含めたすべての事故に関する事故報告の徹底と原因・要因の分析究明
  4. 発生後は、その事故原因分析に基づく精神面・技量面からの弱点克服訓練の実施
  5. 徹底した基礎訓練の実施と厳格な社内資格審査および習熟期間の設定による安全運転技量の高い運転士育成
    ・貸切バス運転実務を2年以上経験者を採用し、入社後特別教育を経て乗務
  6. 安全意識の高揚と事故対策の徹底
  7. ヒヤリハット事例の収集と周知による危険予知・予防の徹底

社内への周知方法

  1. 安全・サービスに関する会社の方針および「安全の綱領」を乗務員共周知徹底に日頃から心がけている
  2. 年間の安全対策基本方針および事故絶滅の目標を全社員に周知
  3. 社長による社員との個人面談を行い、個人別安全運転の目標確認
  4. 安全推進委員会の研究結果を配布し、事故防止検討会での周知徹底を計る

更新:平成29年4月1日

朝倉市運送安全マネジメントの取組み
観光バス

ページのTOPへ